ご存知ですか?浮気の時効

浮気には時効があり、浮気終了時から3年以上前の証拠は有力な証拠として意味をなしません。その為にも早期発見し、疑って悩む前に証拠集めを始める事が大切です。もし、自分の疑いがただの勘違いだとわかったなら、証拠集めをやめればいいだけです。相手を信じれない自分に罪悪感を感じる時間をなくし、相手を調べる時間にあてる事で良くも悪くも相手の為になります。

情に流されて泣き寝入りをする前に、相手を見直す良い機会なのかもしれません。証拠を集めるといっても大変そうなイメージがありますが誰にでもできる方法があります。それは、相手の動きを記録しながら自分の気持ちを手書きの日記に書いていく事です。

いじめなどの証拠としても日記は意味のあるものとなります。たかが日記でも証拠としては有利に働く場合があります。他には、疑っている相手のレシートやクレジットカードの明細を保管しておきましょう。そして、できれば日々の相手の服装などをスマホやデジカメで撮り、日付入りの写真を保管しましょう。しかし、自分で調べるには限界があります。

自分で証拠集めをしている内に、もしかすると疑っている事が現実になっていく事もあります。そうなったら、今まで保管していた証拠を探偵事務所に持って行き調べてもらいましょう。妻子のある身で夫が浮気をするなんて許せませんよね。もちろん、夫側としても毎日あくせく働いているのに妻が他の男と遊びまわっていたら、怒るのは当前です。男だから女だから関係なく男女関係において浮気はつきもです。何も疑いもなく日々すごしていけるような安心感のある日々を取り戻しましょう。