浮気調査をしてわかったこと

恋人や配偶者の浮気を疑うようになっても、決定的な証拠がなければ相手も即座に否定するはずです。

例えばメール等をチェックし酔うとしても、スマホ自体にロックがかかっていれば見ることができませんし、そうなるとなかなか浮気の決定的な証拠を見つけることは難しくなります。

その場合やはり真っ先に相談する相手と言うのは、探偵会社の浮気調査でしょう。もちろん探偵会社に依頼したからと言って、確実に浮気現場の写真を撮ることができるかと言われれば、首を縦に振ることはできません。

何故ならいつ浮気をするかは当事者しか分からない事実だからです。そうなると探偵会社に依頼する期間は長期間となり、当然のことながら料金も比例して上がっていきます。

ですから、なるべく短期間で済むように、相手方の行動パターンを事前に知っておいて、その情報を探偵会社に提供する必要があります。そして浮気現場と言うのはどの程度の写真があればよいのかと言う問題があります。

当然二人きりの部屋やホテルの部屋に忍び込むことは不可能ですし、密室の出来事は当人しか知りえないのですから、シラをきられればそれで終わりと言う気もします。しかしこうした浮気現場の証拠と言うのは、裁判所の判例があります。

判例によればホテルに入る場面と出ていく場面があれば、浮気現場の証拠と認められるという判断です。何故裁判所がこうした基準を示す必要があるのかと言うと、配偶者の不貞行為は民法の定める離婚事由の一つだからです。

つまり浮気現場の証拠を出し、浮気を証明すれば相手方が離婚を拒否しても、裁判所の判決により強制的に離婚が成立することになるのです。ですから、どういった写真があれば不貞行為を行ったかと言う基準が必要になるのです。

このように探偵会社の浮気調査は実際の裁判でも有力で重要な証拠となりますから、探偵会社としては人の人生を大きく変えることになるとても大切な仕事であると言えるのです。